ホーム > ニュース > 業界ニュース > Digitimes Research:Cellular M2.....
ホットな製品
New Products
証明書
DFSGS
お問い合わせ
お問い合わせ: 営業部: 電話:0086-755-8329 8635 ファックス:0086-755-8304 2697 ext 8004 メールアドレス: 輸出@ vitek.com.cn www.vitektabletpc.com 営...
お問い合わせ

ニュース

Digitimes Research:Cellular M2M IoTは中国で急速に発展しています

2009年の中国政府は、長期的な発展のためにIoT産業を含むため、中国の市場では、M2T(machine to machine)のIoTが急速に発展すると見込まれています。 Digitimes Researchによると、China Mobile、China Unicom、China TelecomはIoTネットワークを積極的に展開しています。

中国政府は、2010年からIoT技術の開発と適用を促進するための政策と戦略を策定し、IoTエコシステムが中国で形成されたとDigitimes Researchが指摘している。しかし、IoTエコシステムのメンバーの85%以上が中小企業であり、IoTサービスを提供し、IoTソリューションを開発するためにハードウェアをソフトウェアと統合することができる企業はほとんどありません。

携帯電話向けM2M IoTの場合、2015年末の接続機器数は9,440万台であり、2016年と2020年にそれぞれ1億4,000万台と3億5,000万台に増加すると見込まれており、生産額は7,500億元2016年には910億人民元、2020年には1兆5,850億人民元となる。

2016年6月の3GPP(第3世代パートナーシッププロジェクト)が狭帯域(NB)-IoTの標準化を完了したことで、携帯電話向けM2M IoTアプリケーション、China Mobile、China Unicom、China TelecomのLPWAN(低電力広域ネットワーク) 2G / 3Gネットワ​​ークからNB-IoTネットワークへのIoTオペレーションを可能にする。 China Mobileは、NB-IoT動作に900MHzを使用する予定です。 China Unicomは900MHzと1800MHzを選択し、China Telecomは800MHzを使用します。 3つの移動体通信事業者は、2017年に一部の都市でNB-IoT試験運用を開始する予定です。