ホーム > ニュース > 業界ニュース > 米国はインターネットを分割しようとしていますか?
ホットな製品
New Products
証明書
DFSGS
お問い合わせ
お問い合わせ: 営業部: 電話:0086-755-8329 8635 ファックス:0086-755-8304 2697 ext 8004 メールアドレス: 輸出@ vitek.com.cn www.vitektabletpc.com 営...
お問い合わせ

ニュース

米国はインターネットを分割しようとしていますか?

米国務長官のマイク・ポンピオ氏は「きれいな」インターネットを望んでいると語った。

それが意味するのは、米国のインターネットから中国の影響力と中国企業を排除したいということです。

しかし、批評家は、これがグローバルなインターネットの崩壊に向けた心配な動きを強化すると信じています。

いわゆる「スプリンターネット」は、中国、そして最近ではロシアについて話すときに一般的に使用されます。

考え方は、インターネットがグローバルであることに固有の、またはあらかじめ定められたものは何もないということです。

人々がインターネット上で見るものを管理したい政府にとって、それを所有することは理にかなっています。

中国のグレートファイアウォールは、インターネットの壁に相当するインターネットを設置している国の最良の例です。中国ではGoogle検索エンジンやFacebookは見つかりません。

人々が期待しなかったことは、米国が中国の先導に従うかもしれないということでした。

それでも批評家は、それが木曜日のポンピオ氏の声明の帰結であると信じています。

ポンピオ氏は、「信頼できない」アプリケーションを米国のモバイルアプリストアから削除したいと述べた。

「中華人民共和国のアプリは私たちのプライバシーを脅かし、ウイルスを増殖させ、宣伝と偽情報を広めた」と彼は言った。

頭に浮かんだ最初の質問は、ポンピオ氏が信頼する中国のアプリは何ですか?彼が中国のすべてのアプリについて話しているという仮定は非常に多いです。

「それは衝撃的です」とサリー大学を拠点とするセキュリティ専門家のアラン・ウッドワードは言います。 「これは私たちの目の前で起こっているインターネットのバルカン化です。

「米国政府は長い間、インターネットへのアクセスを制御することについて他の国々を批判してきました…そして今、私たちはアメリカ人が同じことをしているのを見ています。」

それは少し大げさかもしれません。ポンペオ氏が中国企業の米国ネットワークを「浄化」する理由は、オンラインでの発言を統制するという権威主義政府の願望とは大きく異なります。

しかし、ポンペオ氏がこの道を進むとしたら、それは何十年にもわたる米国のサイバー政策を覆すことになるでしょう。

言論の自由という憲法の原則に基づいて、無料インターネットを擁護している国が1つあるとすれば、それはアメリカです。

ドナルドトランプ大統領の政権は、米国で活動している一部の中国企業が提起する正当な安全上の懸念のために、別のアプローチをとっていました。

WeChat警告

Facebookの元最高セキュリティ責任者であるAlex Stamos氏は、中国のアプリについては、話題になっているTikTokは氷山の一角に過ぎないと心配していると語った。

「TikTokは私のトップ10にも入っていません」と彼は私に言った。

Stamos氏が示唆するアプリは、米国がTencentのWeChatをもっと警戒すべきだと示唆している。

「WeChatは世界で最も人気のあるメッセージングアプリの1つです。人々はWe Chatで会社を経営しており、信じられないほど機密情報を持っています。」

ポンピオ氏はまた、潜在的な将来のターゲットとしてWeChatをネームチェックしました。

11月の米国選挙のプリズムを通してこれを見ないのは難しいです。トランプ氏の反中国レトリックは技術に限定されていません。

ポリシーまたは姿勢?

それでこれは政策的立場ですか、それとも単に姿勢ですか?

トランプ氏はもちろん11月に負ける可能性もあります。民主党はおそらく中国の技術でより適度な立場を取るでしょう。

しかし、現状では、トランプ氏の米国のインターネットのビジョン-主に中国のないインターネット-は、それをはるかに分かれた場所にしています。

大きな皮肉なことに、インターネットは中国のビジョンに非常によく似ています。

TikTok自体を見てください。マイクロソフトが米軍を買収する場合、3つのTikToksが存在します。

中国のTikTok(Douyinと呼ばれます)。世界の残りの部分TikTok。そしてアメリカではTikTok。

それはインターネットの未来のモデルになるのでしょうか?