ホーム > ニュース > 業界ニュース > スマートフォン出荷台数は中国のおかげで9%増
ホットな製品
New Products
証明書
DFSGS
お問い合わせ
お問い合わせ: 営業部: 電話:0086-755-8329 8635 ファックス:0086-755-8304 2697 ext 8004 メールアドレス: 輸出@ vitek.com.cn www.vitektabletpc.com 営...
お問い合わせ

ニュース

スマートフォン出荷台数は中国のおかげで9%増





スマートフォン市場はしばらくの間減速している。市場は飽和状態になり、2016年の成長率はわずか5%に過ぎない。競争力のある価格で革新的なスマートフォンを中国から提供して市場を拡大させている。これはガートナーによると、最近発表された第1四半期のスマートフォン出荷台数は9.1%増加した。
SamsungはGalaxy S8のリリースの一部に感謝し、Samsungは7870万台のスマートフォン出荷でアップルを凌駕した。これは四半期の出荷台数の20.7%でした。 Appleはまだ13.7%の市場シェアで2位に入った。 Huaweiは競合他社のOppoとVivoもそれほど遅れていないが、9%で3位を維持している。
OppoとVivoはそれぞれ8.1%と6.8%の世界シェアを持っていますが、出荷台数の大部分はまだ中国にあります。これにより、OppoはHuaweiの家庭でもある前述の国でトップベンダーになりました。 Huaweiは世界的な流通を強化していますが、競争の激しい市場が残っている家庭では不利な立場にあります。
ガートナーはモバイルOSの利用状況を追跡していますが、数字は誰にもショックを与える可能性は低いです。 Androidの市場シェアは2%増の86.1%となった。 AppleのiOSは13.7%の市場シェアを持っています。 Androidはオープンソースプラットフォームなので、時間の経過とともに利用可能性が増しているように見えるため、近い将来、オペレーティングシステムは引き続きモバイルデバイスを支配する可能性が高くなります。安価な携帯端末用に設計されたGoogleのAndroid Goの取り組みは、Androidの市場シェアを向上させるのにも役立ちます。